【コロナウイルス】犬にアルコール消毒はしてもいいの?対策方法とは

暮らし
Pocket

新型コロナウイルスが犬にかかるかどうか、犬を飼っている方であればとても気になりますよね。

ぼく自身も、『もし自分がコロナウイルスを持っていて犬に移してしまったらどうしよう…』と思っています。

怖くて笑えませんね…。

というわけで今回は、犬のコロナウイルス予防としてアルコールを使ってもいいのか、解説していきます。

犬を飼っていて、コロナ予防の方法が知りたいという方はぜひ参考にしてください。

そもそもペットは新型コロナウイルスに感染するの?

まずは、犬がコロナウイルスに感染するかどうか、について解説します。

早速ですが、厚生労働省が発表している内容を確認してみましょう。

【問1 新型コロナウイルスは、飼育しているペットに感染しますか?】
これまでに新型コロナウイルスに感染したヒトからイヌ、ネコが感染したと考えられる事例が数例報告されています。また、動物園のトラやライオンの感染(飼育員から感染したと推察されている)事例も報告されています。
ただし、新型コロナウイルスは主に発症したヒトからヒトへの飛沫感染や接触感染により感染することが分かっており、現時点では、ヒトから動物への感染事例はわずかな数に限られています。

このような答えが出されているので、犬への感染は確認されていますね。

人から動物への感染事例はわずかとされていますが、感染するということに変わりはありません。

海外だと、コロナに感染した犬が重症化してしまい、安楽死させたというニュースも発表されています。

米初のコロナ陽性犬を安楽死、基礎疾患で重症化か

これらからもわかるように、犬はコロナウイルスに感染します。

なので、できるだけ対策はしたほうが好ましいですね。

新型コロナウイルスからペットを守る方法

では、新型コロナウイルスからペットを守る方法について解説します。
まず、必ずやるべきことをまとめました。

  • 飼い主がコロナウイルスに感染しない
  • ペットをなるべくほかの犬や人と関わらせない

これらを意識しましょう。

飼い主がコロナウイルスに感染しない

当たり前のことですが、飼い主がコロナウイルスに感染していなければ感染経路はほぼ0%にできます。

政府から言われている通り、不要不急の外出を控え三密を避けるように心がけましょう。

とは言っているものの、ぼく自身通勤で満員電車に乗っているんですよね。

仕方ない部分はあるので、自分ができることを最大限する努力をしましょう!

ペットをなるべくほかの犬や人と関わらせない

人間と同じことですが、なるべく外出は控えるようにしましょう。

もちろん、散歩が大好きな犬がほとんどですので、程度に散歩するのは良いと思いますが、できるだけほかの犬や人とは関わらないように心がけたほうが良いですね。

自宅に庭がある方は、庭の中で遊んであげるなどの対策を取りましょう!

犬にアルコール消毒はしてもいいのか

この記事の本題に入りますが、散歩後の犬の消毒はどうしたらいいのでしょうか。

人間と同じようにアルコールを利用してもいいのかどうか、気になる方も多いと思います。

結論から言ってしまうと、アルコールはダメです!

犬や猫は、アルコールを分解することができないので、もし舐めてしまったら中毒になってしまうこともあり、最悪の場合死に至ります。

そのため、ペットを飼っている方家庭では人間にもアルコールを使用しないほうが良い可能性が高いです。

というのも、犬とじゃれていたらどこを舐めてくるかわかりませんよね。

もし、手にアルコールが付いたまま舐められてしまったら、大変なことになるかもしれません。

できるだけ、ほかの方法で新型コロナウイルス対策を行いましょう。

ペットがいる家庭で消毒をする場合は何がおすすめ?

では、具体的にどのような対策方法をすればいいのか、気になる方も多いかと思います。

ここからは、おすすめの消毒方法について解説します。

  • 熱水
  • 塩素系漂白剤
  • 界面活性剤
  • 次亜塩素酸水
  • アルコール

これらを用いることで、新型コロナウイルスの対策になるようです。

それぞれ簡単に使い方を解説します。

その前に言っておくと、犬のいる家庭で一番おすすめの消毒方法は、次亜塩素酸水を利用することです。

一番犬に対して安全なので、ペットがいる方はこちらを利用しましょう。

熱水

主に、食器を洗う時には80℃以上のお湯に10分間以上付けることで、コロナウイルスを死滅させることができるようです。

塩素系漂白剤

テーブルやドアノブなどに付着しているコロナウイルスを死滅させたいときには、市販の塩素系漂白剤の主成分である「次亜塩素酸ナトリウム」が有効です。

次亜塩素酸ナトリウムを利用することで、ウイルスは破壊され無毒化されます。

界面活性剤

また、界面活性剤でも、テーブルやドアノブに付いているコロナウイルスを死滅させることができます。

次亜塩素酸水

次亜塩素酸水も同じく、テーブルやドアノブに付いているコロナウイルスを死滅させることができます。

まとめ

犬に対して、アルコールは毒になってしまうので、自宅で利用している方は気を付けましょう。

アルコールの代わりに利用するべきものは、次亜塩素酸水です。

また、自宅で対策しているからといって新型コロナウイルスにかからないわけではありません。

飼い主ができるだけコロナウイルスにかからないよう努力することが、ペットにとっては一番安心です。

大変な時期ではありますが、一緒に頑張りましょう!

犬の暑さ対策はどうしたらいい?【今すぐやるべきこと】
犬は人間よりも暑さに弱いので、夏場の暑さ対策は必須です。特に夏の散歩には気を付けなければなりません。また、自宅にいても熱中症になることがあるので注意しなければなりません。この記事では、犬の暑さ対策について解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました